BLOG

2015.11.19更新

こんにちは、船木です。今日はサロンでよく頂く質問についてお答えします(^-^)

 

頭を洗った後、排水溝に溜まった「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか?
本来、髪というものは、常に生え変わるものであり、一生抜けない毛はありません。1日の抜け毛が100本程度までは自然の抜け毛であると言えます。
年齢を重ねるとともに抜け毛が増えるのも加齢現象の一種で普通です。また、秋は抜け毛が増えることがあり、1日200本前後抜ける場合もありますが、これもそれほど気にする必要はありません。

原因と対処法を知っておきましょう。

 

女性の抜け毛の主な原因
①老化によるホルモンバランスの乱れ

加齢に伴い女性ホルモンの分泌量は減少していきます。女性ホルモンには髪の成長と深い関わりを持つエストロゲンがあるため、それが不足してしまうと髪が痩せたり抜けてしまいます。

②出産後のホルモンバランスの乱れ

妊娠中に減少していたエストロゲンは、出産が終わると共にまた元に戻ろうとします。この時、急激にエストロゲンが増加するため、ホルモンバランスが乱れ、それに伴い抜け毛が多くなることがあります。

③生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、あらゆるトラブルの元となります。睡眠不足や無理なダイエット、アルコールの過剰摂取や喫煙は、血流を悪くします。血流が悪くなると、頭皮や髪に栄養が行きわたらなくなり、発毛サイクルが止まってしまいます。また、運動不足も血行を悪くするので、適度な運動を心がけましょう。

④頭皮ケアが疎か

カラーリングやブリーチ、パーマなどを頻繁に繰り返すのは、頭皮や頭髪にダメージを与えます。これは、ヘアサイクルが正常に機能しなくなる原因のひとつとなっています。抜け毛や薄毛が気になる人は、ほどほどにしましょう。

過度の洗髪や、逆に洗髪を怠って不衛生にするのは抜け毛の大きな原因となります。また自分の髪や頭皮に合わないシャンプーを使ったり、十分なすすぎを怠ったり、頭皮を痛めるような洗髪をしてしまうのは、抜け毛にとって大きな問題です。

⑤ストレス

ストレスはホルモンバランスや自律神経のバランスを崩してしまうため、溜めると、頭皮や毛母細胞への栄養供給に障害が出てしまいます。ストレスが自律神経やホルモンのバランスを乱す→血流が悪化→毛根に栄養分を十分運べない→毛髪の成長を妨げる。自分なりのストレス発散方法を見つけて、抜け毛予防をしましょう。

 

抜け毛への対処法

①栄養をしっかりと摂る

正常なヘアサイクルを維持するために、バランスのよい食事を心掛けましょう。毛髪自体はタンパク質を主成分としていますので、健康な髪の成長のためには、良質のタンパク質を含んだ食品を多く取ることが基本です。また、髪の健康に不可欠なミネラルやビタミンを意識して摂ることも重要です。

②日頃から頭皮ケアを行う

健康で美しい髪を育てるには、頭皮が健康であることが大切です。日頃から頭皮ケアにはしっかりと気を配りましょう。洗髪は1日に1回くらいが適当とされています。適切なシャンプーは頭皮のマッサージ効果も高く血行促進にもなり、抜け毛予防にもなります。

③規則正しい生活を送る

健康なヘアサイクルを維持するには、ストレスを軽減させ自律神経を安定させる必要があります。そのためには、何よりも規則正しい生活と充分な睡眠が必要です。

抜け毛

投稿者: MERKMAL

2015.11.05更新

こんばんは、船木です。

枝毛を見つけると、何だか気分が憂鬱という女性は多いと思います。

艶やかで健康的な髪に憧れる女性としては、不健康の証でもある枝毛が悩みという人もいるのです。。

枝毛があると、どうしても髪はパサパサしてしまって、まとまりがなくなってしまいます。

女性の敵である枝毛をなくし、また予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

枝毛になってしまった髪を切る

枝毛を見つけた時、みなさんはどうしていますか。残念ながら一度できてしまった枝毛を修復することはできません。枝毛を見つけた時は毛先をカットすること。そして枝毛が再発しないように予防していくことが重要です。

 

枝毛を切る時のワンポイントアドバイス

本来は正しく処理するには定期的に美容院で毛先をカットしてもらうとよいのですが、どうしても自分で処理をするなら気をつける点があります。

カット用の切れ味のよいハサミで切るようにしましょう。最低でも3センチ、傷みが激しい場合は5センチほどを目安に断面が真っすぐになるようにカットします。斜めに切ると、枝毛の再発の可能性が高くなりますので、ご注意ください。

 

枝毛を防ぐにはどんな事に気をつけたらいいの?

枝毛の原因は、摩擦などのダメージと乾燥、さらに内側からくるものです。

・シャンプー、タオルドライ等の髪が濡れている状態で髪をこすり合わせない事。シャンプーをする前に目の粗いブラシで優しく髪のほつれをとり、よく地肌を濡らしてから頭皮をマッサージするようにシャンプーをします。タオルドライは地肌を中心におさえるように行います。必ずドライヤーで乾かし濡れたまま寝ないようにしましょう。

・ドライヤーは地肌を中心に乾かすようにします。ドライヤーやアイロンを使用する際は熱から保護してくれるヘアケア剤を使うようにしましょう。

・栄養バランスの良い食事を心がけて、生活習慣も規則正しく適度な運動も取り入れてストレスのない環境を目指しましょう(^-^)

 枝毛

投稿者: MERKMAL